40代で起業する場合に考えられるリスクとは


特集-スパイラルビジネス 特集-転職
特集-起業 特集-資格取得
特集-マインド 特集-マーケティング

 


risk

同じ起業する場合でも20代で起業するのと40代で起業するのでは抱えているものが違うため当然リスクの大きさも違ってきます。

また、独身で起業する場合と既婚で起業する場合でも起業に対するリスクは大きく違います。

この記事では40代で起業する場合のリスクについて見ていきたいと思います。

起業のタイプ

交差

通常、起業といえば会社を起こすことを意味しますが、現在では会社という形態をつくらなくても事業を行っていくことは難しくない時代になっています。

会社と会社の取引のように取引額が大きく「信用」が重視される場合であると「株式会社」「有限会社」「合資会社」など法人格を相手企業がもっているのかも重要です。

しかし、現在は個人対個人の取引を行う上でも、「信用」を担保するような仕組み(システム)が予め作られており、その仕組みを活用することで個人対個人であっても安心な取引が可能です。

よって、

この記事では起業を会社を起業するという意味ではなく、

  • 独立
  • 副業

に分けて考えてみたいと思います。

40代で起業するということ

40代で起業を考える場合には、かなりの覚悟があると思います。

安定している会社を退職して起業する場合は尚更です。

自分自身でやりたいことが見つかって、「なんとしても実践したい!」との思いが強くなり、起業を決心したことだと思います。

しかし、一方で「今の会社にいても先が見え、ただ飼い殺しされている」との思いから「自分自身のやり甲斐」を重視して起業を決意した方もいると思います。

また、ブラック企業に努めていて、休日出勤は当たり前、毎日深夜に帰宅して体がボロボロ、しかも40歳という年齢から転職先はないため、仕方なく起業という選択肢を選ばれた方がいると思います。

いずれの場合も40代で起業するということは、「失敗すれば後がない」という覚悟をお持ちだと思います。

ただ、会社を起こし、従業員を雇って、商品を販売するために仕入れが必要、更に商品を保管するための倉庫や商品を販売するための店舗が必要なタイプの起業でなければ「後がない」という自体は避けることが出来ます。

上記のようなタイプの起業が伝統的な起業のスタイルですが、現在は必ずしもこのタイプの起業が必要なわけではありません。

国の施策は個人事業主よりも大企業、もしくは従業員を抱えた中小企業が対象となるため公的な支援策としては出てきませんが、やる気と行動力さえあれば、個人で生計を立てる事自体はそれほど難しくない時代です。

ただ、問題になるのは、働くのが嫌で楽して大金を稼ごうと思っている方については、起業は考えない方が得策です。

サラリーマンでも個人事業主でも行動なくして結果は出ないからです。

もし、自分が働かないのであれば、従業員を雇ったり、自分が指示することを代わりに行ってくれる外注さんを探すなどを行えば、必ずしも自分が行動する必要はなくなりますが、コストは必要になります。

ただ、この考え方自体はとても重要で、コストは掛かってもコスト以上の見返りが期待出来るのであれば、積極的に外注さんは活用するという考えはもっていて欲しいと思います。

起業によるリスク

ここでは、起業することによるリスクについて見ていこうと思います。

起業することでのリスクを考えるに当たり場合わけを行って考えて見たいと思います。

(1)働いている会社を退職して起業

%e9%80%80%e8%81%b7%e9%a1%98

現在どこかの会社にお勤めになられていて、その会社を退職して起業する場合のリスクは、起業で思うような結果がでなければ、サラリーマンとしての社会的信用、給料・賞与がなくなることによる収入面のリスクが発生します。

また、再就職を考える場合、今勤めている会社の規模、労働環境の会社への再就職が難しくなるリスクもが考えられます。

実際に個人事業主の立場になると実感するのですが、サラリーマンとして働いていた時の健康保険料、年金など会社が半分支払ってくれていたというのは本当にサラリーマンの特権だと思います。

(2)副業しながら起業

%e7%a2%ba%e5%ae%9a%e7%94%b3%e5%91%8a

副業しながらの起業でのリスクは、本業として会社で一日働いたあとに副業を行うため、自分の自由時間がなくなったり、家族との時間がなくなることです。

自分の時間がなくなることは仕方ないとしても、家族に関しては事情を納得行くまで説明し、応援してもらえるようになることが重要です。

この家族との関係を曖昧にして副業を始めると家族のためを思って副業を決意したと思っていても結果的に家族との関係にヒビが入って、何のための副業かわからなくなってしまいます。

副業での起業のもう一つのリスクは、本業の会社に副業がバレることです。

最近、副業を認める会社が増えてきているという報道が新聞などでされていますが、まだまだ副業禁止の会社が多いのが現状です。

副業で起業する場合は本業の勤め先にバレないように行うことが重要です。

起業しないリスク

ここでは、起業しないリスクについて考えてみたいと思います。

起業しなりリスクで一番に思いつくのは、起業するチャンスがあったのにチャレンレジしなかったために10年後も20年後も後悔することです。

%e9%a0%ad%e6%8a%b1%e3%81%88%e3%82%8b

人間40年以上生きていいると、チャレンジしなかったことに関してはその思いを完結していないがために、何度も何度も頭に浮かびます。

起業に関しても20年前であればリスクしかなかったかもしれませんが、現在は違います。

副業としてスタートし継続して稼げるようになってから今お勤めの会社を退職することだって可能です。

もし、何度も何度も同じことが頭に浮かぶようであれば、意識的にその思いを完結してあげることが重要です。

また、またブラック企業にお勤めされている場合についてですが、ブラック企業にお勤めの方は多くのムチに少しのアメで、「自分は必要とされている人間だ!」と洗脳されている方が多いようです。

少しのやさしやなどのアメで精神的にも肉体的にも限界に達していても今の環境に留まってしまう方が多いのが現実です。

しかし、このブログで繰り返してお伝えしているのですが、ブラック企業に努め続ける根性と体力、精神力があるのであれば起業しても十分結果を出すことが出来ます。

%e3%82%ac%e3%83%83%e3%83%84%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%82%ba-1

このブログのメインテーマである「スパイラルビジネス」のように小さか成功を積み上げる形でリスクを極限まで少なくした方法なら結果を出す喜びを感じながら報酬を得ることが出来ます。

それほど、ブラック企業を続けることは回りから見れば常識はずれのハードワークだということです。

自信をもって頂きたいと思います。

まとめ

この記事では、「40代で起業する場合のリスク」について見てきましが、起業といっても今持っているものを全て投げ打ってチャレンジしなくてはいけないものではなくなっています。

まずは副業の形で起業準備を行えないかを十分に考えて頂き、机上ではなく、実際に行動することで見えてくるものが必ずあるはずです。

副業であれば、思っていたものと違うのならリスクを負うことなく軌道修正を行うことも出来ます。

むしろ、考えてばかりでいつまで経っても「モヤモヤ」が頭をよぎる状態の方が考えようによってはリスクだと考えます。

 

同時に読まれている記事

 

>>> 目次ページに戻る

 

maimagagine

 

*メールアドレス
*お名前(姓)

 

スパイラルビジネスとは?
 

スパイラルビジネスは、サラリーマンを続けながら
リスクがなく、小さな成功(成果)を積み上げることで
少しづつ無理なくスキルが身に付くビジネス
です。

「そんなこと言ったって、自分に出来るか不安・・・」


『百聞は一見にしかず』といいますが、
いくら考えていても「何が自分に向いているのか」
「続けられるのか」なんて、わかりません

実践したから気づくことも多いはずです。

 

そこで、実践のためのメール講座を用意させて頂きました。


無料メール講座(全18回)


このメール講座(全18回(第一部、第二部))は、
最小の知識で、しかも最短で成果を生み出す
ことを目的とした実践講座となっており、
基本的なことから実践に必要なことまで
学んで頂けるようにしました。

また、講座に必要な教材も特典としてご用意させて頂きました。
(動画:100本以上、総収録時間:20時間以上)


もちろん、無料で活用頂けますので、考えるだけではく
この特典メール講座を使って実践してみて下さい。

実践した上で「自分に合う・合わないを判断」
するのも遅くありませんよ


メール講座への登録は下記からお願いします。

%e7%9f%a2%e5%8d%b0-%e4%b8%8b

 

*メールアドレス
*お名前(姓)

 

メール講座に登録頂いたのち、
メール講座の初回に特典をお渡し致します

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ