ホワイト認定申請に大企業が二の足を踏む理由と企業文化の影響


特集-スパイラルビジネス 特集-転職
特集-起業 特集-資格取得
特集-マインド 特集-マーケティング

 


安全衛生優良企業公表制度

2015年9月3号の「週刊新潮」掲載された
「大企業が「ホワイト認定」申請に二の足を踏む理由」
という記事内容について、本日(9/1)のYahooニュースに
取り上げられました。

ホワイト認定とは

このホワイト認定というのは、
近年、ブラック企業が注目を集めていますが、
学生が就職後に「入社したらブラック企業だった」
ということがないよう、「ブラック企業では無い」
という自信のある企業については、
ホワイト認定を申請できるという制度です。

この制度は厚生労働省が6月に新設した制度で、
「安全衛生優良企業公表制度」と言います。

ホワイト認定申請状況

就職活動を有利に進めたい大企業からすると
積極的にホワイト認定を申請しても良さそうですが、
現在のところ申請している企業は2社だけということです。

なぜ大企業はホワイト認定行わないのか?

大企業がホワイト認定に躊躇する理由

1つ考えられるのは、
ホワイト認定を行った後に何らかの問題が発生した場合、
その時の反響の方が大きいため、二の足を踏んでいる
のではないかという事です。

というのも、
大企業はそれなりの歴史かあり、
これまでに残業問題などで労働基準局から
行政指導を受けている企業も少なくありません。

この問題に関しては、会社の上層部から、
「サービス残業禁止」の命令がされた場合でも、
工場や各部門では所属長の指示の下、
サービス残業が後を絶たない事とも関係があると思います。

これは、その企業の企業文化が大きく影響しています。

歴史的にみて、
サービス残業が当たり前だった企業の場合、
その環境で育った管理職が多く、
「自分たちがそうだったのだから」
という理由で体質を改めることができない
という部分があります。

それほど企業文化というのは、
良い面でも悪い面でも企業に根付いた
アイデンティティのひとつであるため、
なかなか改めることが難しいとも言えますね。

maimagagine

 

*メールアドレス
*お名前(姓)

 

スパイラルビジネスとは?
 

スパイラルビジネスは、サラリーマンを続けながら
リスクがなく、小さな成功(成果)を積み上げることで
少しづつ無理なくスキルが身に付くビジネス
です。

「そんなこと言ったって、自分に出来るか不安・・・」


『百聞は一見にしかず』といいますが、
いくら考えていても「何が自分に向いているのか」
「続けられるのか」なんて、わかりません

実践したから気づくことも多いはずです。

 

そこで、実践のためのメール講座を用意させて頂きました。


無料メール講座(全18回)


このメール講座(全18回(第一部、第二部))は、
最小の知識で、しかも最短で成果を生み出す
ことを目的とした実践講座となっており、
基本的なことから実践に必要なことまで
学んで頂けるようにしました。

また、講座に必要な教材も特典としてご用意させて頂きました。
(動画:100本以上、総収録時間:20時間以上)


もちろん、無料で活用頂けますので、考えるだけではく
この特典メール講座を使って実践してみて下さい。

実践した上で「自分に合う・合わないを判断」
するのも遅くありませんよ


メール講座への登録は下記からお願いします。

%e7%9f%a2%e5%8d%b0-%e4%b8%8b

 

*メールアドレス
*お名前(姓)

 

メール講座に登録頂いたのち、
メール講座の初回に特典をお渡し致します

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ