ライバルは誰か?(ライバルの設定次第でプラスにもマイナスにもなる)


特集-スパイラルビジネス 特集-転職
特集-起業 特集-資格取得
特集-マインド 特集-マーケティング

 


ライバルは誰か?

「ライバルは誰か?」をテーマに話を進めていきます。


「ライバル」という言葉を聞いて
どのようなイメージをお持ちですか?

特にスポーツの世界で良く耳にする言葉ですね。

しかし、「ライバル」を設定する場面については、
スポーツの場だけではありません。

  • スポーツ
  • ビジネス
  • 演技
  • 将棋
  • 囲碁
  • 百人一種
  • 勉強

など。

スポーツに限らず、何らかの競争に関する場面で
「ライバル」を設定することが多いですね。

それでは、今更ですが「ライバル」とは何でしょうか?

ライバルとは?

「Wikipedia」によると、

  • 同等もしくはそれ以上の実力を持つ競争相手

とあります。

自分と「同等以上の知識や技量」をもった
競争相手が対象となりますので、
自分より実力が下の人は競争相手にならない
ということです。


では、「ライバル」を設定する理由とは何でしょう?

ライバルを設定する理由

カンタンに言うと、

  • 自分の「やる気」を高めるため

ではないでしょうか?


自分より上の実力を持った競争相手を設定する
ことにより、追いつくための具体的な目標として
設定するのではないでしょうか?


しかし、ライバルの存在が自分のやる気を
高めてくれる存在であれば良いのですが、
人によっては、やる気をなくさせる存在
になっている場合があります。

  • いくら頑張っても追いつけない
  • ●●さんにはなれない
  • どうせ頑張ったって

などですね。


競争相手自身も頑張っています。

しかし、競争相手と自分では
取り組む環境は異なるはずです。

  • 活動時間が大きく異なるのかもしれない
  • 活動資金が大きく異なるのかもしれない
  • 家庭環境が違う


ライバルを設定することで、
自分のやる気を失くすぐらいなら、
ライバルは設定しないほうがマシ
です。

思うようにライバルに追いつけず、
悔しくて立ち止まってしまうことが
一番好ましくない状態だからです。

では、どうすれば良いか?

昨日の自分をライバルに設定する

ライバルが他人である必要はありません。

目標を達成するために、
自分のやる気を高めるために
ライバルを設定します。

それなら、「昨日の自分より前に行けば」
必ず前進することになります

だから、気をつけることは唯一つ、

  • 昨日の自分に負けないこと


昨日の自分なら乗り越えることができる目標となるため、
やる気を失わせることはありませんね。


もし、ライバルの存在が自分のやる気に
ストップをかけているのなら、

昨日の自分をライバルにしてみてはいかがですか?

maimagagine

 

*メールアドレス
*お名前(姓)

 

スパイラルビジネスとは?
 

スパイラルビジネスは、サラリーマンを続けながら
リスクがなく、小さな成功(成果)を積み上げることで
少しづつ無理なくスキルが身に付くビジネス
です。

「そんなこと言ったって、自分に出来るか不安・・・」


『百聞は一見にしかず』といいますが、
いくら考えていても「何が自分に向いているのか」
「続けられるのか」なんて、わかりません

実践したから気づくことも多いはずです。

 

そこで、実践のためのメール講座を用意させて頂きました。


無料メール講座(全18回)


このメール講座(全18回(第一部、第二部))は、
最小の知識で、しかも最短で成果を生み出す
ことを目的とした実践講座となっており、
基本的なことから実践に必要なことまで
学んで頂けるようにしました。

また、講座に必要な教材も特典としてご用意させて頂きました。
(動画:100本以上、総収録時間:20時間以上)


もちろん、無料で活用頂けますので、考えるだけではく
この特典メール講座を使って実践してみて下さい。

実践した上で「自分に合う・合わないを判断」
するのも遅くありませんよ


メール講座への登録は下記からお願いします。

%e7%9f%a2%e5%8d%b0-%e4%b8%8b

 

*メールアドレス
*お名前(姓)

 

メール講座に登録頂いたのち、
メール講座の初回に特典をお渡し致します

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ