社会人「自己啓発編(中小企業診断士受験:挫折と再起)」


特集-スパイラルビジネス 特集-転職
特集-起業 特集-資格取得
特集-マインド 特集-マーケティング

 


profile

中小企業診断士受験:挫折と再起

いよいよ「中小企業診断士」受験を決意。

しか~し、予備校に通う覚悟まで出てこない。

よって、通信教育を始めることに。

送られてきたテキストは実に8冊。

各1冊が1センチから2センチの分厚さがあり、

中身と言えば大学の教授が書いた難解な文章。

早速1冊目のテキストを開始したんですが、
これがまた、なかなか頭に入りません。

進んでは戻り、進んでは戻り、
まった前に進まない。

勉強開始から2ヶ月が経った頃、
どの程度進んだかというと、

「テキスト1冊も進んでいないのでした(泣)」

流石にこのままではダメだということはわかるので、
ある判断をしました。

その判断とは

「一時中断」

そう、早速の挫折です。

もともと独学では難しい試験とは聞いていたのですが、
その通りで、とても合格まで辿り着くようには
感じなかったのです。

だからといって、その時点で
20万円以上を投資して資格の予備校に通う覚悟までは
できていないのが現状でした。

それから、どうしたかというと、

「心の底から、どうしてもやりたい」

「予備校に通っても合格したい」

と思うまで待つことにしました。

心の底から「どうしも合格したい」
と思わなければダメだと思ったからです。

これは、前項の「記憶力強化」の項目でお話した中で
学んだことが参考になりました。

「自分の願望の強さ」

が頂点に達した時に始めると決めたのです。

それから1年が経過し、

冬場の趣味であるスキーに行っていたある日、

リフトの上で急に「やる気」がわいてきました。

理由はというと、

「30歳まであと1年」

と言う時期で、

将来への焦りが強くなっているのが原因でした。

その当時ソフトウエア業界では35歳定年説というものがあり、
私が勤めている会社でもSEと言うよりは「何でも屋」
と言う感じになっていました。

というのも、すでに基幹のシステムは完成しており、
そのシステムのお守りや周辺機器のメンテナンスなどが
主な仕事になっていたからです。

SEとして力をつけるには
システム開発の数をこなすことが必要なのに
その機会が少ないのでした。

私の場合はまだマシでしたが、
私の4年後に入社した後輩は
システム開発を行う機会すらなくなっていました。

このような状態では将来に不安を抱かずには
おれません。

その恐怖心が

「投資してでも試験に合格したい」

という願望に変わったのです。

 

続き(趣味編(スキー))はこちらから

 

関連プロフィール

 

プロフィール TOPに戻る

maimagagine

 

*メールアドレス
*お名前(姓)

 

スパイラルビジネスとは?
 

スパイラルビジネスは、サラリーマンを続けながら
リスクがなく、小さな成功(成果)を積み上げることで
少しづつ無理なくスキルが身に付くビジネス
です。

「そんなこと言ったって、自分に出来るか不安・・・」


『百聞は一見にしかず』といいますが、
いくら考えていても「何が自分に向いているのか」
「続けられるのか」なんて、わかりません

実践したから気づくことも多いはずです。

 

そこで、実践のためのメール講座を用意させて頂きました。


無料メール講座(全18回)


このメール講座(全18回(第一部、第二部))は、
最小の知識で、しかも最短で成果を生み出す
ことを目的とした実践講座となっており、
基本的なことから実践に必要なことまで
学んで頂けるようにしました。

また、講座に必要な教材も特典としてご用意させて頂きました。
(動画:100本以上、総収録時間:20時間以上)


もちろん、無料で活用頂けますので、考えるだけではく
この特典メール講座を使って実践してみて下さい。

実践した上で「自分に合う・合わないを判断」
するのも遅くありませんよ


メール講座への登録は下記からお願いします。

%e7%9f%a2%e5%8d%b0-%e4%b8%8b

 

*メールアドレス
*お名前(姓)

 

メール講座に登録頂いたのち、
メール講座の初回に特典をお渡し致します

 

 

このページの先頭へ