中学校時代「後編(ゆでガエル)」


特集-スパイラルビジネス 特集-転職
特集-起業 特集-資格取得
特集-マインド 特集-マーケティング

 


profile

それでは、中学校時代「後編(ゆでガエル)編」の始まりです。

【ゆでガエル編】

私、幼少時代から中学校前半まで、
「痩せの大食い」だったんです。

もの心ついた時からずっと痩せているイメージしかありません。

でも、この「痩せている」というイメージが
自分自信の「セルフイメージ」として刷り込まれ怖さを体験しました。

それは、「体質の変化」です。

中学校に入学し、徐々に太り始めていたんです。

でも、その事実受け入れることが出来ないのです。

実際には太りはじめ、

  • 見た目に変化があらわれ
  • 着れていた服が着れなくなってきて

でも、「自分は痩せている」と思い続けている自分がいました。

本当にどうかしていますね。(笑)

太っている基準に上中下があるとすると、
下から中を通り超えて上に到達しているのに
気づかないんですから。

「いや、気づかないフリをしていたのかな?」

実は、これ、とても重要な体験です。

「ゆでガエル」ということば聞いたことありますか?

聞いたことがあるという方も多いと思います。

これは、

「お湯の中にカエルを入れたとします」

熱湯の中にカエルを入れると、
あまりの熱さのために

「暴れて飛び起きよう」とするはずです。

しかし、

よい湯加減のお湯にカエルを入れ、
徐々にお湯の温度を上げていくと、
カエルは自分が耐えられない熱さになっていることに気づかずに
最後は「ゆでガエル」になって死んでしまう、という例えです。

これは、「慣れの怖さ」をわかりやすく伝える
良いフレーズですね。

人間は企業や団体などグループに所属していると
知らず知らずのうちに体験してることも珍しくありません。

自分や組織を取り巻く環境が徐々に悪い状態に陥っていても気づかずに、
気づいた時は手遅れになっているなど、
「ドキッ」とした方もいるのではないでしょうか?

会社員でいうと、
会社内の人たちだけと付き合うのではなく、
社外の人たちとも関わりあうことで、
客観的に今の自分を見つめ直すことが必要です。

自分自信、資格試験や自己啓発に取り組むようになり、
社外の方たちと交流する機会が増えました。

実際に社外の方たちと接していると、
自社内と比較することができるので、
客観的に自分自信を見つめなおすことが出来ました。

この年になって「実感」することです。

中学校時代の自分の体験から「ゆでガエル」現象について
の体験談をお伝えしました。

 

続き(高校時代(ハードロックへの目覚め))はこちらから

 

関連プロフィール

 

プロフィール TOPに戻る

maimagagine

 

*メールアドレス
*お名前(姓)

 

スパイラルビジネスとは?
 

スパイラルビジネスは、サラリーマンを続けながら
リスクがなく、小さな成功(成果)を積み上げることで
少しづつ無理なくスキルが身に付くビジネス
です。

「そんなこと言ったって、自分に出来るか不安・・・」


『百聞は一見にしかず』といいますが、
いくら考えていても「何が自分に向いているのか」
「続けられるのか」なんて、わかりません

実践したから気づくことも多いはずです。

 

そこで、実践のためのメール講座を用意させて頂きました。


無料メール講座(全18回)


このメール講座(全18回(第一部、第二部))は、
最小の知識で、しかも最短で成果を生み出す
ことを目的とした実践講座となっており、
基本的なことから実践に必要なことまで
学んで頂けるようにしました。

また、講座に必要な教材も特典としてご用意させて頂きました。
(動画:100本以上、総収録時間:20時間以上)


もちろん、無料で活用頂けますので、考えるだけではく
この特典メール講座を使って実践してみて下さい。

実践した上で「自分に合う・合わないを判断」
するのも遅くありませんよ


メール講座への登録は下記からお願いします。

%e7%9f%a2%e5%8d%b0-%e4%b8%8b

 

*メールアドレス
*お名前(姓)

 

メール講座に登録頂いたのち、
メール講座の初回に特典をお渡し致します

 

 

このページの先頭へ