脱サラによる起業は自営業が得か法人が得か?


特集-スパイラルビジネス 特集-転職
特集-起業 特集-資格取得
特集-マインド 特集-マーケティング

 


脱サラ

脱サラを実行に移した場合、
多くの場合起業して事業を営んでいくと思います。

起業する場合、個人事業主として自営業を営むのか、
法人として会社を設立するのかを決める必要があります。

この記事では脱サラして起業する場合、

  • 自営業が得か?
  • 法人が得か?

をテーマに考察を行います。

最低資本金で比較

法人として会社を設立する場合、
以前の会社法という法律により
「最低資本金」が設定されていました。

具体的には設立する法人別に、
次のような最低資本金が設定されていました。

  • 株式会社設立の場合:1000万円
  • 有限会社設立の場合:300万円

しかし、新会社法が施行されたことにより、
最低資本金が撤廃になりました。

例えば、資本金は100円でも1000円でも、
極端な話、1円の資本金でも株式会社が
設立できるようになりました。

最低資本金が廃止になったいま、
法人化にするメリットはあるのでしょうか?

法人化のメリットを考えてみる

法人化という場合、次の4つの法人が対象となります。

  • 株式会社
  • 有限会社
  • 合資会社
  • 合同会社


細かく比較する法人間でもメリット、デメリットがありますが、

ここでは、「1人で起業する」という前提で、
『税制』と『諸費用』の面で
株式会社と自営業(個人事業主)を較べてみたいと思います。

法人でも会社を大きくしようと考えている場合は、
出来るだけ多くの利益を出して、税金を払いつつ、
内部留保を増やしていくことになりますので、
過度な経費処理は控えることになります。

しかし、法人でも1人で起業する場合や、
自営業(個人事業主)として起業する合は、
出来るだけ利益を少なく計上し、出来るだけ
支払う税金の額を減らそうと考えます。

このような背景もあり、
個人で法人化を行う大きな目的は『節税だといえます。

(参考) 売上-経費=利益(当期利益or所得)

     税金=利益(当期利益or所得益)×税率

節税という意味では、自営業(個人事業主)も
1人法人でも思いは同じです。

では、節税を考えた場合、
自営業(個人事業主)と法人ではどちらの方が
メリットがあるのでしょうか?

自営業(個人事業主)と法人ではどちらにメリットがある?

節税に大きく関係するのは、
モノやサービスを購入した際、
帳簿に経費処理出来るかどうかです。

税金の対象は、
自営業(個人事業主)の場合、所得が対象となるのに対し、
法人の場合、利益(当期利益)が対象となります。

自営業である個人事業主の場合、経費処理出来る対象が
法人と比べると少ない
という特徴があります。

一般的に、年間所得が700万円を超える見通しならば
税理士さんに法人化の相談をした方が良いとされています。

逆にいうと、所得が700万円以下の場合は、
法人化のメリットはないとも言えます。

というのも、法人化には、
次のようなデメリットがあるからです。

(法人化のデメリット)

  • 法人住民税は赤字でも支払い義務が生じる
  • 社会保険への加入義務付け

これらのメリット・デメリットを総括した場合、

年間所得が700万円以下であれば法人化のメリットは無い

と言えます。


脱サラ後、すぐに年間所得が700万円を超える見通しであれば
法人化の検討をしても良いですが、所得が700万円以下の
見通しであれば自営業(個人事業主)として事業を
行う方が良いでしょう。

 

同時に読まれている記事

 

>>> 目次ページに戻る

 

maimagagine

 

*メールアドレス
*お名前(姓)

 

スパイラルビジネスとは?
 

スパイラルビジネスは、サラリーマンを続けながら
リスクがなく、小さな成功(成果)を積み上げることで
少しづつ無理なくスキルが身に付くビジネス
です。

「そんなこと言ったって、自分に出来るか不安・・・」


『百聞は一見にしかず』といいますが、
いくら考えていても「何が自分に向いているのか」
「続けられるのか」なんて、わかりません

実践したから気づくことも多いはずです。

 

そこで、実践のためのメール講座を用意させて頂きました。


無料メール講座(全18回)


このメール講座(全18回(第一部、第二部))は、
最小の知識で、しかも最短で成果を生み出す
ことを目的とした実践講座となっており、
基本的なことから実践に必要なことまで
学んで頂けるようにしました。

また、講座に必要な教材も特典としてご用意させて頂きました。
(動画:100本以上、総収録時間:20時間以上)


もちろん、無料で活用頂けますので、考えるだけではく
この特典メール講座を使って実践してみて下さい。

実践した上で「自分に合う・合わないを判断」
するのも遅くありませんよ


メール講座への登録は下記からお願いします。

%e7%9f%a2%e5%8d%b0-%e4%b8%8b

 

*メールアドレス
*お名前(姓)

 

メール講座に登録頂いたのち、
メール講座の初回に特典をお渡し致します

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ