イオンのPB戦略見直しを考える


特集-スパイラルビジネス 特集-転職
特集-起業 特集-資格取得
特集-マインド 特集-マーケティング

 


topvalue

イオンがPB戦略の見直しを図ると報道されました。

PBの戦略変更について考えてみたいと思います。

イオンのPB戦略見直し

イオンのPB戦略見直しがどのような内容かというと、
イオンが展開しているPB(トップバリュー)の
商品展開において重視することを大幅に見直すとのことです。

今まで「トップバリュー」が重視いていたのは「価格」です。

イオングループでは、昨年の消費税増税に伴い
消費者がより安さを重視すると判断し、
「トップバリュー」商品を重点的に展開しました。

しかし、この判断が裏目にでることになります。

PB商品中心の品揃えの影響

売り場に「トップバリュー」商品ばかりが
並んでいたらどのように感じるでしょうか?

これはコンビニでも感じることですが、
パンなどPB商品ばかりが並んでいると
買う気が失せてしまいます。

なぜかというと、
そもそもパンなどはナショナルブランドと比べ
そんなに安さを感じないし、商品自体に魅力を
感じないからです。

PBを展開している企業の儲けだけを
考えているようにしか感じません。

(個人的な感想です)

それでも、ナショナルブランドの半額で、
品質も同等であれば購入するかもしれません。

しかし、
さほど価格メリットを感じなければ
消費者の商品を選ぶ楽しみが減るだけで、
商品自体に魅力を感じないかもしれませんね。

商品を選ぶ楽しさ

消費者は必要だからという理由だけで買い物を
するのではなく、購入する商品を「選ぶ」ことに
楽しみを感じています。

だから、
店舗に売れる売れ筋の少数種類の商品を
集めるだけではお客さんは集まりません。

選ぶ楽しみがないからですね。

このようなことがあるので、店舗では、
売れないとわかっている商品であっても
豊富な品揃えを演出するため
見せ筋商品としての品揃えをしているのです。

今後、イオングループでは「安さ」から
「品質」に重点をおいて商品展開をする
とのことです。

この戦略展開の結果、販売目標に満たない商品は
撤廃されることになるとのことです。

イオングループにはイオンだけでなく、
ダイエーなど他の業態も入っているため、
その影響は大きいく、経営判断は
難しいものになるでしょうね。

 

同時に読まれている記事

 

>>> 目次ページに戻る

 

maimagagine

 

*メールアドレス
*お名前(姓)

 

スパイラルビジネスとは?
 

スパイラルビジネスは、サラリーマンを続けながら
リスクがなく、小さな成功(成果)を積み上げることで
少しづつ無理なくスキルが身に付くビジネス
です。

「そんなこと言ったって、自分に出来るか不安・・・」


『百聞は一見にしかず』といいますが、
いくら考えていても「何が自分に向いているのか」
「続けられるのか」なんて、わかりません

実践したから気づくことも多いはずです。

 

そこで、実践のためのメール講座を用意させて頂きました。


無料メール講座(全18回)


このメール講座(全18回(第一部、第二部))は、
最小の知識で、しかも最短で成果を生み出す
ことを目的とした実践講座となっており、
基本的なことから実践に必要なことまで
学んで頂けるようにしました。

また、講座に必要な教材も特典としてご用意させて頂きました。
(動画:100本以上、総収録時間:20時間以上)


もちろん、無料で活用頂けますので、考えるだけではく
この特典メール講座を使って実践してみて下さい。

実践した上で「自分に合う・合わないを判断」
するのも遅くありませんよ


メール講座への登録は下記からお願いします。

%e7%9f%a2%e5%8d%b0-%e4%b8%8b

 

*メールアドレス
*お名前(姓)

 

メール講座に登録頂いたのち、
メール講座の初回に特典をお渡し致します

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ