広告とは?(広告主、非人的媒体、有料)


特集-スパイラルビジネス 特集-転職
特集-起業 特集-資格取得
特集-マインド 特集-マーケティング

 


広告とは?

「広告とはなにか」を説明させて頂きます。

 

広告とは?

広告に関しては、フィリップ・コトラーさんは、
次のように定義されています。

明示された広告主によるアイディア、財、サービス
に関する非人的な提示とプロモーションで、しかも
有料形態をとるもの。

上記の中から重要なキーワードを抜き出すと
次の3つにまとめられます。

(1)広告主が明示されている

(2)非人的な媒体を用いる

(3)有料


つまり、広告主がいて、その広告主に
紹介や告知したい商品やサービスがある場合、
お金を払って、人以外の媒体を用いて宣伝
してもらうことを広告という。

広告媒体

では、具体的は広告媒体を見てみましょう。

広告媒体にはいろいろなものがありますが、
以前からあるものと、最近10年ほどで
増えてきたものにわけてご紹介します。

【従来からある媒体】

  • テレビ
  • ラジオ
  • 雑誌
  • 新聞
  • 看板
  • DM(ダイレクトメール)

【最近10年で増えてきた媒体】

  • Webページ
  • ブログ
  • メルマガ
  • Facebook

どちらも共通しているのは、
多くの人の目触れる媒体にやアクセスが集まる媒体
ということです。


特に、Webページ、ブログ、メルマガ、Facebook
などでは、広告媒体として考えていなくても、
「広告主からの要望がきっかけで広告を貼ることになった」
ということも珍しくありません


それほど、有料でお金を払っても、
多くの人やアクセスが集まるところに
広告を貼ったり流したりすることで、
広告効果があるということです。


このように考えると、
テレビやラジオの番組は広告主であるスポンサー
がいるから成り立っており、雑誌にしても、
大量の広告ページがあるのも
納得できるのではないでしょうか?


最後に、広告にはもう一つのくくりとして
「製品広告」と「制度広告」について
ご紹介しておきます。

製品広告と制度広告

製品広告」が、特定ブランドを対象とした広告

であるのに対し、

制度広告」は、広告主を訴求した広告

です。


実際のテレビCMを思い出して頂くと理解しやすい
と思います。

特定の商品ブランドや商品を対象としているのが

「製品広告」です。

特定の商品ブランドや商品ではなく、
企業そのものを対象とした広告が

「制度広告」といいます。


企業イメージの向上を狙う場合は、

「制度広告」が採用されるということですね。

 

同時に読まれている記事

 

>>> 目次ページに戻る

 

maimagagine

 

*メールアドレス
*お名前(姓)

 

スパイラルビジネスとは?
 

スパイラルビジネスは、サラリーマンを続けながら
リスクがなく、小さな成功(成果)を積み上げることで
少しづつ無理なくスキルが身に付くビジネス
です。

「そんなこと言ったって、自分に出来るか不安・・・」


『百聞は一見にしかず』といいますが、
いくら考えていても「何が自分に向いているのか」
「続けられるのか」なんて、わかりません

実践したから気づくことも多いはずです。

 

そこで、実践のためのメール講座を用意させて頂きました。


無料メール講座(全18回)


このメール講座(全18回(第一部、第二部))は、
最小の知識で、しかも最短で成果を生み出す
ことを目的とした実践講座となっており、
基本的なことから実践に必要なことまで
学んで頂けるようにしました。

また、講座に必要な教材も特典としてご用意させて頂きました。
(動画:100本以上、総収録時間:20時間以上)


もちろん、無料で活用頂けますので、考えるだけではく
この特典メール講座を使って実践してみて下さい。

実践した上で「自分に合う・合わないを判断」
するのも遅くありませんよ


メール講座への登録は下記からお願いします。

%e7%9f%a2%e5%8d%b0-%e4%b8%8b

 

*メールアドレス
*お名前(姓)

 

メール講座に登録頂いたのち、
メール講座の初回に特典をお渡し致します

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ